格付け

有機ワインとは

有機ワインは、英語でオーガニックワイン、もしくは自然派、ビオ・ワインと呼ばれているものです。
原料のぶどうを、無農薬、有機肥料を使って栽培された商品のことを指します。
また、酸化防止剤の使用なども、極力控えていることも特徴です。

日本では、有機、またはオーガニックと名乗る際には、酒類における有機等の表示基準という、国税庁の決まりにのっとった製法を行わないといけません。ラベルを良く見ると、オーガニックの商品には、有機農産物加工酒類と書かれています。
また、ビオと名乗るには、EUで決められている、オーガニック認証と呼ばれる、第三者が公平に判断した制度を利用して、マークを取得する必要があります。
フランスでもっとも大きなオーガニック製品を認証する団体、エコセール(ECOCERT)は、世界中の国が加盟しています。
認証された商品には、ECOCERTマーク、または、Certifie par ecocert S.A.Sという文字が記載されています。
現在の日本では、ビオワインと名乗るのには、とくに決まり等はありません。

有機栽培には、いくつかの方法があります。ビオロジック農法は、有機農法のことで、除草剤や、化学肥料などを使用しない農法のことで、畑が自然にもっとも近い状態になります。
また、ビオディナミ農法は、自然のエネルギーを最大限に引き出す、哲学的な考えに基づいた農法で、ハーブとミネラルのプレパラシオンと呼ばれる調合剤を用います。
有機栽培でぶどうを栽培することによって、ぶどうの根がしっかりと縦に伸び、土の中の栄養分、ミネラルなどをたくさん吸い上げ、吸収することができます。
たくさんのミネラルを吸収したぶどうの葉は光を多く取り入れます。
また、化学肥料、殺虫剤を畑にしないようにすることで、本来自然の中に生息している虫などが活発になります。そして、自然の酵母も存在ができるのです。
有機栽培でそだったぶどうからは、自然の酵母を使ったワインができあがります。
味はえぐみがなく、また、酸化防止剤などを控えていることで、翌日に残らないお酒になるとも言われています。